読書指導

すべての学力の基本は、国語力です

読書専用の指導プログラムが「わくわく文庫」です。
これは本読みが苦手な子にも読書に慣れ、読書の楽しさを知ってもらうのと同時に、
速読や国語力も向上していきましょう、という指導法です。この画期的で最先端の指導プログラムを、ジェムスクールが四国で初めて導入したのです。

コンピュータを使って、遊び感覚で読書を行います。
伝記や物語、国内外の名作、絵本まで、200タイトルが用意されており、様々な本を選べます。

聞き取りやすさに合わせ、2分の1倍速から10倍速まで速度調整ができます。
適切な速さに調整する事で、集中力、記憶力、創造力の向上に効果があります。
脳を活性化させながら、読書ができるのです。

 

読書が好きな子は知識豊富

本をたくさん読むという事は、たくさんの知識を得るという意味でもあります。
豊富な知識、教養は読書から身に付けられるように、小さな頃から身に付けましょう。

また、文章を読む事に慣れてると、学校の成績向上も期待できます。
算数にも文章問題がありますし、
社会科や理科、英語問題も、文章読解力が大きく関わってきます。
問題を解く前に、問題内容を正しく理解できなければ正解できないのです。

とても新しい読書指導プログラムですので、分かりにくい点も多いかと思います。
そもそも「コンピュータで読書学習」という事が珍しいですから。
そこで、保護者の方もご一緒に体験して頂けるようになっております。
ぜひ、お試し下さい。