英語を日本語に訳すのはやめましょう

ジェムスクールが考える英語子育て5カ条

英単語の意味を覚えながらの学習は、幼児英会話教育には適していません。

高校受験や大学入試で英単語を一生懸命覚えた経験はありませんか?この「dog  = いぬ」というように訳の意味を覚えていく学習法は、理詰めで言葉を学習する方法でしか身に付かない思春期以降には有効です。

しかし、言語習得本能が 高く残っている幼児期に、こんな教え方をするのはとてももったいない事です。この時期なら英語を英語で、そのまま理解する能力が高いのですから。

私たちが「母国語方式」と呼ぶ学習法では、単語の意味を日本語で教えていませんし、覚えもさせません。だって、あかちゃんは日本語を何語にも訳さずに、日本語を日本語のまま身に付けるでしょう?犬を見た時に、「あの毛で覆われている愛らしい動物 = dog」と言葉を直接、頭の中に思い浮かべる事ができる事が、母国語方式なのです。

この母国語方式で自然に学べば、自然に” Cat ”と理解する事ができるようになるのです。英文法や入試対策のために必要な単語の学習法は大きくなってもできます。でも、こうやって母国語のように苦労な く言語を習得する本能は、大きくなるにつれて低下していきます。

自然な母国語方式で学ぶためにも、子供たちの英会話教育では、単語を和訳しながら学ぶ事は やめましょう。

レッスンの時に英語で話しかけられて意味がわからなくて困っている時でも、ジェムの先生たちは簡単な英語や、いろんな別の表現で何度も説明します。すると、子供たちも先生の説明を一所懸命理解しようとし、分かる単語から意味を推測する力をつけていく事ができます。子供たちが日本語の言葉がわからなくても、大人が簡単な言葉で言い換えてあげると理解するように。

お母さんがいちいち日本語に訳して教えてあげてしまうと、言語を聞いた時に、わざわざ日本語に訳さないと分からない子に育ってしまいます。幼児期には、あかちゃん期からせっかく英語を英語のままで理解する能力が備わっているのに、もったいないですよね。この能力は、つまり訳さずに分かる能力です。

英語でしゃべる時は英語で考えているので、それを邪魔してあげないで下さいね。

 

<母国語方式で日本語を理解しているイメージ>

<単語を訳して、意味を理解しているイメージ>

<母国語方式で英語を理解しているイメージ>

母国語方式で自然に英語を理解できるようになるためにも、1つずつ単語の意味を日本語で教えるクセをつけないためにも、お母さんは英語を日本語訳で教えない事が大切です。

ジェムでは勉強以外のことも学べます。活動で活発的、好奇心旺盛、子育て力アップ、やり抜く力…。これがジェムの非認知スキル+GRIT+子育て力です。