英語で話しかけないで

ジェムスクールが考える英語子育て5カ条

子供と過ごす時間の多い家族だからこそ、日本語を聞かせてあげて欲しい。

「お母さんが英語で話しかける事が悪い」のではなく、「日本語で話しかける量が減る事が良くない」のです。

子供たちにネイティブスピーカーから、アメリカ英語を学んで欲しいという事の理由は、「まだ言語の習得が容易なうちにこそ、キレイな英語を聞いて耳が育って欲しい」から。それはまた、日本語の学習においても同じです。

以前、「日本語をまともに話せないうちに英語を教えても意味がない」という考えの文部科学大臣もいらっしゃいましたが、それは違います。アメリカ人のお父さん、日本人のお母さんに育ててもらい、日本語も英語も自在に使えるように育った方もいるように、複数の言語を習得しながら育つ事はできます。 ほとんどの方は考える時に、母国語である日本語で考えますよね。これはバイリンガルでも同じこと。

自分の考えをまとめたり、感情を訴える言語は母国語が中心となります。そして感情豊かで、言葉に表現力を持てる子に育つためには、母国語の学習もまた、とても大切な事なのです。 最近増えつつある英語だけで保育を行うプレスクールでは、日本語教育が重要視されていない事も多いのですが、これは日本語でのコミュニケーションが中心であ る日本社会の中で最適な教育とは言えません。

英語と日本語のバイリンガルの子供たちを育てるために必要な事は「英語も、日本語も、たっぷりと聞かせてあげ ること」です。 日本語も、英語も、たっぷり聞く事ができる環境が必要なのです。 子供と一緒に過ごす時間の多いお母さんにこそ、日本で生活する子供たちのために「日本語の先生」になってもらいたいのです。

母国語が日本語のお母さんなら、先生になってキレイな日本語のシャワーを浴びせ続けてあげる事ができますしね。 お母さんが英語を話す事は絶対ダメ!というわけではありません。もちろん自然なコミュニケーションの中で使う英語の挨拶や、英語遊びはしてあげて下さい。

でも、これもやり過ぎると子供たちにストレスにもなってしまいます。お母さんが「絶対に英語を話せるように育てなければ!」と思いすぎちゃうと、それを子供 たちはプレッシャーとして感じてしまうんです。ですから、ほどほどに。

子供たちが英語が楽しい、英語をもっと学びたいという気持ちになれるのもまた、お母さんの力ですから。

ジェムでは勉強以外のことも学べます。活動で活発的、好奇心旺盛、子育て力アップ、やり抜く力…。これがジェムの非認知スキル+GRIT+子育て力です。